So-net無料ブログ作成
検索選択
講座 男女共同参画社会 ブログトップ

もしもの時・・・あなたは、何持って逃げますか? [講座 男女共同参画社会]

女性センターのスタッフと私を入れた講師陣3人で企画した講座
もしものときのはなし「あなたは わたしは 何もって逃げる?」
が、先月の27日に開催されました。
参加人数が少なかったんですが・・・和気あいあいとした雰囲気で楽しかったです。
P1020710.jpg
いざという時のために日頃が大切!
今、逃げるとしたら・・・何もって行きます? 日頃の準備は?
P1020711.jpg
P1020712.jpg
去年の時の話しやら、阪神淡路の時のは話しも交えながら・・・・
ワークに進みます。
一般的に何がいると思いますか? まず自分で考えて・・・・書き出します。
P1020713.jpg
P1020715.jpg
書いたものを貼って行きます。
P1020716.jpg
同じものが重なるということは・・・みんなが大事って思ってるんですね〜

そして、本題です。自分だけに必要と思うもの・・・
私はこれが大切!って物を出してもらいます。
P1020717.jpg
例えば・・・・私は・・メガネとか、薬の人もいれば、人それぞれ違いますよね〜
命が助かった後・・・元の自分に戻るにはこれが必要!ってものです。
つけまつ毛!って言った若い女性もいたんですよ〜
それを、そんなもの!って言うのは簡単ですが・・・・・
あなたにはそれが必要? それがあれば元気になって、前のように人の前に出ても
しっかりしゃべれるの?・・・・・って、認め合って、居心地のいい場所を、
避難所を作って行きましょう〜〜!って言うことです。
ゲームって言う人もいるかもしれません。 子どもや、大人でも、リラックスするには
ゲームが欲しい!って人がいるかもしれません。
障害のある方は、必要なものも特徴があるかも知れないしね〜
女性ならこう〜 男性ならこう〜というような思い込みより、一人ずつの違いや特徴を
しっかり見つめるように・・・・日頃から意識をもっておかないといざと言う時に
役立ちませんものね〜[わーい(嬉しい顔)][るんるん] そんな講座でした。
一人、聴覚障害を持った方が参加してくれて・・・貴重な意見も聞けました。
彼は、阪神淡路の大震災の時、被災した当事者です。
忘れそうになるので・・年に数回、こういう講座をして欲しいと言ってくれたんですよ。
いかに日頃の考え方が大切か・・・意識の持ち方が大切か・・・
真剣に考えることが出来たかな?と・・・思います。

私も、たまには仕事してます。[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)][手(チョキ)]
食べてばかりとちゃうで〜〜[わーい(嬉しい顔)][るんるん][かわいい]


nice!(91)  コメント(41)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

長い一日 パート2 [講座 男女共同参画社会]

前歯のトラブルも無事に解決して、午後3時20分から
私の母校の小学校で、先生方の人権研修に呼んでもらいました。
私ともう一人の相方で、この日の研修は進みました。

何笑ってるのかなあ?[わーい(嬉しい顔)] これで前歯なかったら・・・・悲惨でした・・・[ふらふら][たらーっ(汗)]
P1060404.jpg
まあ、楽しく進んでいったのは確かですね〜。
最初に、ジェンダーチェックです。 自分の中の意識を検証します。
これは、自分の潜在意識に気付くことにもなります。
今回は、パスしますが、またいつかチェックしてみましょうね?
P1060405.jpg
それがすんでから、グループワークです。
この部屋は、図書室・・・座卓なので、かなりリラックスムードの中、
先生方で話し合う事が出来ました。

テーマは、もしもこんな場合・・・・
詳しくは書けませんが・・・私が作った、学校でのシチュエーションを題材にして
こんな場合・・・・先生ならどうしますか?という事を考えてもらいました。
P1060406.jpg
日頃、こういうテーマで、話し合う事がないので、みなさん、自分なら・・・って
考えながら、自分の考えを伝えたり、他の先生の意見を聞いたり・・・・
良い話し合いになったようです。
P1060407.jpg
P1060408.jpg
内容は・・・・簡単に言うと、
性別にとらわれ過ぎず、自分らしく生きて行ってもらうために・・・こどもたちの
何気ない言葉にも・・・きっかけを与えて、考えてもらいたい・・って言うことです。

2つだけ、書いてみるね。(本当は、後2つあります)

● 4年生の男子が・・先生〜〜○○ちゃん、女のくせに掃除当番さぼってます!
           って、言ってきました・・・ 先生は何て答えますか?

● 6年生の男子が・・先生、やっぱり男は強くないとあかんよなあ~ 
            って、言いました・・・先生は何て答えますか?

先生方、真剣に考えてくれました。 和気あいあいと進み、有意義な研修になった
と思います。子どもたちには、性別にとらわれすぎて、可能性をせばめることのない
ようにして欲しいです。
自分の持っている力を、伸ばして行って欲しい!
将来、DVの被害者にも、加害者にもなって欲しくない!
そんな思いを持って、先生方に伝えました。
子どもたちを取り巻く環境によって、変わっていくことがいっぱいあります。
一日のうちでかなりの時間を一緒に過ごす小学校の先生方の言葉や、態度は
大きく影響しますよね。 子どもたちの近くにいる大人として、お互いに自覚して
いきたいですね〜〜〜[わーい(嬉しい顔)][るんるん]って、終わりました。
若い先生方が多くて・・・熱心な視線に感動しました。
これから頑張るぞ! って気持ちが伝わってきて、未来に希望が持てる研修でした。 

nice!(69)  コメント(52)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

講座「デートDVの実態と予防」です。 [講座 男女共同参画社会]

今日は私の本職である、講座の内容のほんの一部をご紹介したいと思います。
たまには、真面目な話しもね。  
ちょっとしんどい内容ですが今の時代必要なことだと思うので、
最後まで読んで頂ければ、うれしいです。

毎年、年に一度、泉佐野市人権教育研究会が主催の一日研究会が、
夏休みに入った7月末頃にあります。今年は7月29日でした。
img096.jpg
私は仕事の相方と、男女共生の分科会を担当しました。
img097.jpg
かなり歪んでしまいました。ごめんなさい。[左斜め上]
この日は、雨の中、多くの先生方が来て下さり、この分科会には約30人が出席して
くれました。
集まっているのは現職の「園・小・中」学校の先生方です。
現場での例題を元に、こんな相談をされたらどうしますか?というワークをしました。
P1020374.jpg
DVも、デートDVも、それが原因の犯罪が増えてきて、ようやく条例ができたり、
法律が出来て、警察や行政も動き出したと言うのが現実です。

そんな事をしている間に・・・こういう犯罪に巻き込まれる年齢層がどんどん下がって来て
中学生の被害者も出て来ています。  
そしてその芽は小学校や幼稚園の頃に、芽生えている場合があります。
周りの大人が気をつけないと、生活環境によって、考え方が固定され、男尊女卑的考え方に
偏ってしまいかねません。 それは、自分自身をも苦しめることになりかねません。
女やから・・こうしなければ。男はこうあるべき!とか思いすぎると、その価値観に
縛られて、自分自身が無理したり、相手にも無理を強いたりして、しんどくなるばかりです。

相手を気遣わずに、自分の考えだけを優先し、それを相手に押し付けて、
自分の思い通りにコントロールしていくのがDVやデートDVです。

そのために使われる道具として、身体的暴力、精神的暴力などがあります。
それらを繰り返し行う事で、相手の力を奪い、無抵抗、無気力にし向け、抵抗しようと
すれば、脅して恐怖を与えます。  そして、暴力の後に優しくして、「もう二度としない
から・・・・」と謝ります。そこで、被害者は、こんな優しい所もあるんやから、
私さえ我慢すれば・・・とか、私がいなければ、この人はもっとひどいことになるに
違いない!って思ってしまうのです。
そして、いつしか、自分の気持ちより、相手の気持ちしか考えられないようになって
しまいます。 そして、相手からの暴力から逃げられないようになってしまうんです。

こんなふうに、DVやデートDVの説明をし、先生方に正しい知識を持ってもらい、
自分自身の価値観の検証とともに、教師と言う立場で生徒から相談を受けた場合、
どんな対応をすれば良いのか、グループに分かれて、話し合ってもらいました。

グループで出た意見をワークシートに書き込み、発表してもらいます。
P1020375.jpg
さすが先生方、いっぱい意見が出ました。
最初は、何だか緊張気味・・・でも、こんなふうに学校内でも、学校以外でも
自分の意見を出し、他の先生の意見や対処の仕方を聞く機会は、めったにありません。
ですから、きっと貴重な時間だったと思います。
P1020377.jpg
P1020378.jpg
グループごとに発表してもらいました。
P1020379.jpg
現場で、子どもたちに接している先生方ですので、かなり具体的な意見がいっぱい出て
私たちも、すごく勉強になりました。
子どもたちの悩みを真剣に受け止めて、一緒に考えてくれる大人がすぐそこにいる!という
安心感は、日頃の関係性にもよります。
親もですが、先生方も、私たち大人は、子どもに信頼される人間になりたいですね。

非常にしんどい話しが多くて、緊張した2時間だったと思いますが、みなさんお疲れ
さまでした。  どんな暴力も許さない!と言う強い信念をもって、デートDVなどの
相談にのぞみたいと思います。 

私たちは、子どもたちが犯罪に巻き込まれたり、事件の被害者にも、加害者にもならない
ように、今、伝えられることをあきらめずに、伝え続けて行こうと思っています。

最後に、人間として、対等な関係ってどんな関係だと思いますか?
私は、お互いが、イヤな事は「いや!」と言い合える関係じゃないかと思います。
いくら好きな相手でも、すべていっしょ!では無いはずです。
お互いの考えが違った場合・・・それも受けとめて、とにかく聞いてみる。
その後、折り合いをつける話し合いができるかどうか・・・じゃないかなあ?
お互いを認めあうことができて、いっしょにいると心地いい関係がいいですね。
人は皆違います。違う人だらけの世の中です。「違う」のはあたりまえなんですよ。
この機会に、ちょっと考えてみてね。  
長い話しにお付き合い頂きまして、ありがとうございました。 

nice!(37)  コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ふりかえり・・・これからを考えよう!」 [講座 男女共同参画社会]

今日は、私の本職?!男女共同参画講座がありました。
「男女共同参画社会」とは・・・
女性も男性も、性別で決めつけたり、押し付けたり、思いこんだりすることなく、
ひとり一人の個性を大切にして、それぞれの可能性を伸ばし
お互いが認め合うことの出来る、誰もが心地よく暮らせる社会のことを言います。
ちょっと難しいですが・・・すべての人の人権を尊重しよう!ということです。
今日は、その講座の講師というか、ファシリテーターとして、朝10時から12時まで
有意義な時間を過ごしてきました。
P1000913.jpg
今日のテーマは、過去20年を振り返って、女性の人権の尊重から始まり
男性も一緒に考えよう!と言う今に至る、世界の動き、大阪の動き、泉佐野市の動きを
見ながら、その社会背景や事件などを考えつつ、「じゃあ、今、どんな所が変わって
来たのか、まだまだ変わってないのはどんなとこ?」と考えるグループワークをしました。
P1000915.jpg
身近な生活の中から「自分が思う事」をいっぱい出してもらいました。
職場・介護育児・家事・夫婦冠婚葬祭と、大まかに分けて
考えてもらったんです。
参加者のみなさんは、自分の家では・・という体験談から、職場での話し・・と
かなり盛り上がって、話しが弾みましたよ。
性別にとらわれすぎて、個人の持っている能力や可能性まで狭めてしまわないように
自分の意見をしっかり言えるようにして、それを伝え、人の話しも聴く事の出来る
コミュニケーション能力をつけることが大切だと思います。
お互いが支え合い、協力して行くことのできる関係をつくることが大切ですね。
それは、職場でも、家庭でもです。
世の中に同じ人間はいません。自分が思う事を人に押し付けないようにしたいですね。
「違う」ことはあたりまえ、から始まれば、「感動」多くなると思います。
そして最後に、自分にできることを考えます。
小さなことでいいんです。笑う事を増やそう!とか、自分と家族が幸せになれば
それが誰かに影響を与えるかも知れませんね。
ひとり一人の幸せが、多くの幸せにつながることを信じて、あきらめないで
伝え続けようと思っています。

希望だけでは生きていけないけど、希望がなくては生きていけない!
(ハーヴェイ・ミルク)

nice!(14)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
講座 男女共同参画社会 ブログトップ